エアコンの正しい選び方

Pocket

 

朝夕と肌寒くなり、秋の到来と言うか

若干、もう冬が来たのかと思うような気温ですが

みなさま、ご自愛されていますでしょうか?

 

 

さて、今回は「実は家電屋さんの店員さんもあまり知らない!」エアコンの選び方を

数回に分けてご紹介していこうと思います。

今回はまず、畳数の表示の見方についてです。

 

よく家電量販店さんに行くとエアコンに「畳数の目安」や「畳数の見方」などと

POPが貼ってたりしますよね。

「畳数のめやす」だったり「能力(kw)」だったり「消費電力(w)」だったりと

なにやら色々と記載されていますが、正直よくわからない表示が多いです。

 

私も昔、自分の部屋は8畳だから…と8畳用のエアコンをと探した経験がありますが

そもそも「自分の住んでいる建物の構造」などみじんも考えなく選んでいました。

「そこまで業者じゃないしわからないよ!」と思われると思いますので

ここでは、基本中の基本として、ここだけ覚えておくとOKな情報を紹介しますね。

 

 

まず、こんな表示をよく見ませんか?

冷房時 6~10畳

暖房時 6~8畳

これは「6~10畳ぐらいの部屋で使う」というわけではありません!

正確には

木造(平屋・南向き・和室)の場合は「冷房も暖房も6畳向き」

鉄筋(南向き・中層階・洋室)の場合は「冷房10畳・暖房8畳」

という意味なのです。

 

なので、まとめると下記となります。

戸建住宅・一般的なアパート ⇒ 表示にある小さい方の畳数

鉄筋コンクリート造マンション・団地 ⇒ 表示にある大きい方の畳数

 

まずは、この畳数の見方を覚え家電屋さんに行くと

一気に自身に適正なエアコンが絞れます。

また、弊社では家電量販店に同行し一緒に商品を選ぶサービスも行っています。

お気軽にお申し付けくださいませ。

 

TAG(タッグ)株式会社
電話 084-983-2308 田口まで

 

Pocket